STEP01:HUGO導入

(上の日付は記事の並べ替えに使っているだけです。更新日は下をご覧ください)

静的サイトジェネレーターとしてHUGOを使いました。
まずはインストールしないと話が始まりません。

公式ページの「Quick Start」では、Homebrewというパッケージマネージャーを使ってます。
ちなみにMacOSが前提です。
とりあえずその手順通りならば、3.からスタート
私は「command not found」とか言われたので、1.からスタート

■インストール手順

1. XCodeインストール

  • MacOSの「ターミナル」を起動

  • コマンド実行

xcode-select --install
  • 「“xcode-selct"コマンドを実行するには、コマンドライン・デベロッパツールが必要です。ツールを今すぐインストールしますか?」
    というダイアログが表示されるので「インストール」

  • 「Command Line Tools使用許諾契約」が表示されるので「同意する」

  • インストールが終わると「ソフトウェアがインストールされました。」と表示されるので「完了」

2. Homebrewインストール

  • Homebrewのサイトへアクセス そこにインストール方法としてスクリプトが書いてあるので、それをコピー

  • コピーしたスクリプトをターミナルに貼り付けて実行
    途中でパスワードを聞かれるのでインストールユーザーのOSパスワード入力

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

3. Hugoインストール

  • コマンド実行
brew install hugo
  • インストール後、確認
hugo version

バージョンが表示されればOK

■参考URL

<Homebrewインストールについて>
macOSにHomebrewをインストール
https://qiita.com/pypypyo14/items/4bf3b8bd511b6e93c9f9

<Hugoインストールについて>
公式ページ:QuickStart
https://gohugo.io/getting-started/quick-start

<Macへのインストール>
【初心者向け】HugoをMacで使う方法を解説
https://nyagosu.net/develop/web/hugo-mac/

新規作成:2020/05/04
最終更新:2020/05/04