任命責任は「ある」けれど

第二次安倍政権が始まってから
これまでに大臣の椅子に座ってきたのは88人
このうち何人辞任したか覚えてますか?

正解は10人
では、その時安倍さんは自身の責任について、なんて言ってたか?


まずは一気に2人やめました
大臣 2014年10月20日
当時の新聞記事を振り返ると
小渕経済産業大臣は
関連する政治団体が支援者向けに開いた明治座での「観劇会」で
政治資金収支報告書で収入と支出にズレがあったり、記載されてなかったり、っていう問題
松島法務大臣の方は
自分の名前が入った「うちわ」を地元で配ってのが公職選挙法でいう寄付にあたるっていう問題

この時、安倍さんは自身の責任について

2人を任命したのは私であり、任命責任は総理大臣である私にある。

(首相官邸ホームページに会見の様子が出てなかったので
2014年10月20日読売新聞夕刊に出てた「安倍首相の発言要旨」より)


大臣 2015年2月23日
西川農林水産大臣
国の補助金交付決定通知を受けた企業が1年以内に政治活動に関する寄付をしちゃいけない、
と政治資金規正法で決まってるのに、
西川さんの関連政治団体がそういう企業から寄付もらってたという問題。
本人は違法じゃないと言ってましたが、大臣は辞任しました。

この時、安倍さんは自身の責任について

任命責任は私にあるわけでございますので、国民の皆様におわびを申したい

(首相官邸ホームページに会見の様子が出てなかったので
2015年2月23日産経ニュースに出てた「西川農水相辞任についての安倍首相の発言(全文)」より)


大臣 2016年1月28日
甘利経済再生担当大臣
千葉の建設会社がURとのトラブルをめぐる口利きの見返りに
甘利さん本人や公設秘書に現金を渡したっていう問題。
甘利さん本人は、受け取ったけどちゃんと政治資金として処理したといい、
公設秘書については適切に処理されてなくて、秘書2人が辞表を提出しました。

忘れちゃいけないのは、甘利さんの記者会見での次の発言。
「大変重大な問題である事務所秘書の問題につきましても、
本日、できる限りのご報告をしますが、いまだ全容解明には至っておりません。
引き続き調査を行い、
然るべきタイミングで公表する機会を持たせていただくことについて
ご理解を賜ればと思っております」

・・・“然るべきタイミング"はまだなんでしょうか?

この時、安倍さんは自身の責任について

任命責任は私にある。こうした事態になったことについて国民のみなさまに深くお詫び申し上げたい。

(首相官邸ホームページに会見の様子が出てなかったので
2016年1月29日読売新聞朝刊「首相発言要旨」より)


大臣 2017年4月26日
今村復興大臣
パーティーの講演で東日本大震災について、
「まだ東北の方だったから良かったが、首都圏に近かったら甚大な被害があった」
と発言した問題。

この時、安倍さんは自身の責任について

任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。

(http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201704/26kaiken.html)


大臣 2017年7月28日
稲田防衛大臣
廃棄したと言ってた日報が実は保管されていた、という南スーダンPKOの日報隠蔽問題。
その責任を取る形で稲田さんは辞めました。

この時、安倍さんは自身の責任について

閣僚の任命責任については、全て総理大臣たる私に在ります。

(http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201707/28kaiken.html)


大臣 2018年2月27日
江崎沖縄・北方担当大臣
この方は入院することになったのが原因ですので、他の方とは事情がちょっと違います。


大臣 2019年4月11日
桜田オリンピック 担当大臣
自民党衆議院の高橋さんのパーティーで
「復興以上に大切なのは高橋さん」
と発言した問題。

この時、安倍さんは自身の責任について

任命責任はもとより内閣総理大臣たる私にあります。

(http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201802/27kaiken.html)


大臣 2019年10月25日
菅原経済産業大臣
地元の有権者に秘書が香典などを配ったのが
公職選挙法で禁じられてる寄付にあたる、という問題。

この時、安倍さんは自身の責任について

任命責任は私にあり、こうした事態になってしまったことに対しまして、国民の皆様に深くお詫びを申し上げます。

(https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201910/25kaiken.html)


大臣 2019年10月31日
河井法務大臣
妻の選挙活動で公職選挙法違反の疑い、という問題

この時、安倍さんは自身の責任について

河井大臣を法務大臣に任命したのは、私であります。こうした結果となり、その責任を痛感しております。

(https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201910/31kaiken.html)


以上(今のところ)10人
・・・
上に並べた大臣辞任の時の安倍さんの発言を見ただけでわかりますが、
安倍さんにとって責任は「取る」ものではありません。

何か問題があっても
「責任は私にありました」って言うだけ。
その原因を探ったり、対策を打ったりすることはせず、もちろん責任を取ることもなく、
「次からやんなきゃいいんでしょ?」って言うだけで終わらせる。
だから、同じ問題を何度も繰り返す。
それが安倍さんにとっての「責任」です。

こんな人に国の舵取りなんか任せられません。

関連項目